2020年12月31日

リングピローってなに?


リングピローキャロライン




皆さんはリングピローって知ってますか?

キリスト教会での挙式で

指輪を乗せておくクッションのような物です。

大抵は小さな男の子が花嫁の入場に先立ち

祭壇まで運んでくれます。

日本でもキリスト教会での挙式が当たり前になってきましたが

まだまだ、文化的に定着していない部分があるようです。

特にこのリングピローについて

掘り下げて調べてみたいと思います。

ラベル:リングピロー
posted by ちゅらはな at 00:00| Comment(0) | リングピローについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

リングピローが大切なわけ

今ではウェディングドレスをレンタルするのって当たり前。

買うと高いし、持っていても保管が大変!

その点、リングピローは問題なし♪

でも使うのは指輪交換の瞬間だけだし、必要ある?

って思うでしょ?

これが大ありなんですよ。

結婚式の思い出って、時間とともに薄れていくもの。

新婚当初は、いろいろとっておくんだけど

数年も経てば写真だけってことになるんです。

それに、夫婦関係も月日と共に成長していくもの

いろんなことがあって、多少は疲れてしまうこともあります。

そんな時に、気軽に手に取って眺めることができるのがリングピロー

あまり費用をかけたくない!

という方は、身近な材料で手作りするのもいいですよ。

その場合気をつけてほしいことは

何でもいいって適当に作ることはダメ!

ぜひ何か一つ、結婚に込めた思いを表現するものを使ってください。

ポイントはこだわりです。

なぜなら結婚式とは、すべてに祝福される儀式だからです。

というわけで、リングピローはぜひとも持っていてほしいアイテムの一つなのです。

ですからいつでも目につくところに飾っていては効果は薄くなります。

大切にしまっておきましょう。その方がリングピローも長持ちしますしね。

結婚記念日や、少し疲れてしまったときなどに

おいしいお茶をいただきながら、結婚式の写真と一緒に一人で眺めましょう。

リングピローを眺めながら結婚式の誓約の言葉を思い出してください。

リングピローは、きっとあなたをすてきな奥様に導いてくれるはずですよ。





posted by ちゅらはな at 11:51| Comment(0) | リングピローについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめてリングピローを使ったのは??


リングピローグレイス


じつのところよくわかっていません。

昔、ヨーロッパでは

貴族の持ち物を恭しくクッションに乗せて運ぶ習慣がありました。

特に権威に関わる品物を運ぶ時には

直接手で触れないようにするため

クッションが用いられたのではないでしょうか。

結婚式では指輪の交換は誓約に次いで大切な儀式です。

特に指輪の輪は、終わりのない永遠を象徴し

二人の愛がいつまでも続くことを意味しています。

それほど大切な指輪ですから

それはそれは大切に

そして誰にも触れられないように

リングピローに乗せて運ぶようになったのではないでしょうか。



ラベル:リングピロー
posted by ちゅらはな at 00:00| Comment(0) | リングピローについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。